ひらめきCaféってどんなカフェ?

Café開業

こんにちは!
あなたにひらめき、きらめきを。
YU-Kaです。

『しょぼい起業で生きていく』を読んでさっそく影響されて、アウトプット。

ずっと開きたかったCafé像を公開します!

なんでも相談できる、頼れるマスターのいるCaféで第三の居場所を創りたい

これが私の出発点。
あなたにひらめきを与えるきっかけに。
あなたの明日が少しでも明るいものになるお手伝いをできる、そんなCafé。

ひらめきCaféのロゴ。

Caféを開業したいと思ったきっかけ

家が嫌いで嫌いで仕方なくて、18歳でバイト代を貯めて家出同然で一人暮らしを始めた。
家と学校しかなかった私は、1日の比率がなるべく学校になるように過ごした。
そしてお金を貯めて、自力で第三の場所を作った。
でもみんながみんな、そうできるわけじゃない。
偶然、塾講師のバイトに受かってバイト代が効率よく溜まったし、
見た目がそんなに童顔じゃなかったから、未成年だけど不動産会社も相手をしてくれた。

私は独りで頑張るしかなかったけど、本当は、誰かに相談したかった。

一度だけ、心療内科に親について相談しに行ったことがある。
でも何も変わらなかった。
淡々といろいろ聞かれて、泣きながら答えて、それだけ。
話さなきゃよかったとすごく後悔した。
あのころにはGoogle検索もメジャーではなかった。

そこから数年して、いろんな大人と出会って、それなりに人生を謳歌していると思う。
でも、学生だったあのときに、近くに頼りになる大人が居たらよかったのに。
仕事で悩んだあのときにも、
お金で悩んだあのときにも。

そんな、ちょっと困った人と、気軽に話せる距離の大人になりたい。

コーヒーでも飲みながら、カウンター越しに話せる感じ。
お菓子作りは小さい時から好きだし、Caféをやりたいな。と思った。

Café開業のための必要資金と考察

敷金・礼金 120万
月額賃料 20万
内装改装 500万
家具・備品 300万
開業までの運転資金 60万
開業後2か月の運転資金 120万

合計1,100万
一般的にこのくらいかかると言われています。

ここまでお金をかけて、つぶれていく喫茶店がほとんどです。

1杯500円のコーヒーを最低でも60万円毎月販売しないと赤字です。
なんと1,200杯!
1日40杯、5時間開店するなら1時間8杯。
どんだけ繁盛してるんだ!と思います。
個人経営の喫茶店に、お客さんが常に8人以上居座ってるお店なんてみたことありません。
抱き合わせにケーキやランチを入れるなら、その分のロスと稼働もあります。

それでも行動して開業までこぎ着けている先人達を尊敬します。

私は空間を提供したく、必要があれば相談にのれるマスターでありたい。
コーヒーにそこまでこだわりがないので、余計に付加価値が必要になってきます。
(むしろコーヒーはネスカフェのバリスタでいいと思っています。。。)

「いらっしゃいませ、当店は初めてでしょうか?
マスターと相席を希望しますか?」

そんな喫茶店でありたいと思うのです。

マスターとコーヒーが飲めて机といすがあって、
赤ちゃんとママのひと息のためにちょっと座敷があるといい。
立派なカウンターと茶器はいらない。
中心街じゃなくていい。
でも車で来れるように駐車場は欲しい。
本格的に相談したい人のために、店番のスタッフが必要かな?
この空間は赤字になるとわかっているので、何かで補填しないといけない。

そう思ってこのブログを始めた。

お客様がいないときには、しっかり稼げるようになりたくて。
助けを求める人の居場所をつぶさないためにも。

NEXT:クラウドファンディングか公庫か。

※このホームページは順次更新していきます。
このCaféに興味を持っていただけたら、継続して見守っていただければ嬉しいです。
そして開業した時にお客様としてご来店をお待ちしております。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧