スポンサーリンク

飲食業界の競合は飲食じゃない?ホリエモンチャンネル感想

Café開業

こんにちは!
あなたにひらめき、きらめきを。
ゆーかです。

最近、ホリエモンが飲食について動画をあげていて、勉強させてもらっています。
前回はもっと書きたいことがあったけど、ツイートだけでしたが、やっぱり学びも多いので、今回は記事にしてみました。

話題の動画はこちら

無駄を省き、付加価値をつける!飲食業界から学ぶビジネスの基本【トレタ×堀江貴文】
ホリエモンチャンネル

基本的に動画はあまり見ないのに、動画レビューを書かせてしまうホリエモンの影響力すごいなぁ。。
対談している中村さんも、飲食の事例に詳しくてとても参考になります!

キリ番撲滅運動

わたしもキリ番好きです!
撲滅されちゃうの?!と思いましたが、なるほどでした。

例えば、3月17日に完成して公開できるものを、キリ良く4月1日リリースにしたがる。

ああ、めちゃくちゃわかります。
なぜかCafé開業を令和2年2月22日を目指していました。
それより早く準備が終わればさっさと開業しろって話ですよね。

「4月1日まで思考停止しちゃってる」

・・・!
確かに。
余裕を持ってるんじゃなくて、その間、たるんでるだけですね。
大きな気づきをいただきました。
ありがとうございます。

飲食店はとくに非効率の山が埋まっている

これは間違いないと思います。
以前、友人の飲食店に出資したことがありますが、無駄だらけでした。
友人は飲食歴10年以上、産まれた時から両親が飲食業界で手伝いもしていた。
手際は確かにいいし、お客様への気配りなどはピカイチです。

でも、無駄というか、非効率なんですよね。
わかってたら出資しなかったのにな…というくらい。
飲食の人は、飲か食のことしか磨かないんです。
世の中にゴロゴロしている経営だったり、ビジネススキル、効率化にさっぱり興味がないみたいでした。

だからこそ、チャンスがあると考えたCafé開業。
ホリエモンはしっかり見抜いてます。
そして資金力もあって、いつでも動ける。
いいなぁ・・・。

ありとあらゆるものがAmazonの上にある

Amazonの下にくっついておけばいい、とおっしゃってましたが、思ってもついていけるのがさすがです。
日本はAIで後進国ですし、経済的にもお金を落とさない日本人は、優先順位が下がってきていると耳にすることが増えました。
Amazonの上をいける日本企業は出てくるのでしょうか。

海外の主流がすぐに日本でも反映されるので、上に行く必要もなくなってきているのかもしれません。
今後の日本をどう創っていくのか、少しでも関わっていけたらなぁ、と日本の端っこで叫んでみます。

スナックは客が働いている

まさに!そうなんですよね。
常連さんが動いてくれる。
未来食堂やせかい食堂など、前進の飲食店もあります。
子供がいるので、夜に営業ができません。
なので開業するとしたら、昼間のスナック=ひらめきCaféになるようなイメージだったので、同じ方向性のコメントに勇気づけられました。
人で勝負するCaféになりたい、と考えているのは、そんなに外してないんじゃないか?とちょっと自信になりました。

持ち込み自由でいい

私は、ひとり起業でCaféを開業しようとしていて、飲食にはこだわらない予定でした。
そして、人が要らないコツとして、「持ち込み自由でいい」という言葉。
調理場に経費はもともと割かないつもりでしたが、なくてもいいんだ!と。
持ち込み自由で、どこから収益を?持込料?
持ち込み自由なお店を調査してみようと思います!

飲食の競合は飲食じゃなくなってきている。あなたは何で勝負しますか?

カウンセリングルーム×仲良しマスターのいるCaféを目指します!

ちょっと嬉しい時に寄りたくなる。
ちょっと凹んだ時に思い出す。
年代を超えた新しい出会いもあって、
ポジティブになって帰れる。
そんな場所でありたい。

「いらっしゃいませ、マスターと相席を希望しますか?」

とお客様をお迎えする日を、現実にするために。

少し補足しますと、日本でのカウンセリング普及率がきっかけです。
精神科にお世話になったけれど、カウンセリングは専門外だから、と言われたこと。
カウンセリングってなんかやばい人しかしてないんじゃない?というイメージ。
もっと気軽に使ってほしいし、ストレス社会になってきていて、相談できる大人が身近にいることって少ない。
考え方や技術はあふれているけれど、一緒に語ってくれる人は少ない。
ここに来れば、いつでも歓迎しますよ、という場所を地元に作りたかった。
そんなはじまりでした。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

サラリーマンが自己資金0円で始める中古マンション投資とは?

スポンサーリンク

あなたの30分、買ってみます。+【タイムチケット】

タイトルとURLをコピーしました