【検査体験談】めまいで倒れそうに【メニエール病?】

体験談

こんにちは。
以前、めまいについての記事を書いたところ、もう少し詳しく知りたいと
リクエストをもらったので、検査について詳しく書いてみます。

激しいめまいを感じた翌日に、神経内科を受診し1日で行った検査になります。

突然のめまい

買い物中に目の前が真っ暗になるほどのめまいがしました。

その場で倒れるほどではなかったのですが、視界が悪く、その場で踏みとどまるので精一杯でした。

少しそのまま様子を見ると、視界も開けてきて動けるようになりました。

その後は頭がふわふわする感じが続き、違和感のある状態で翌日まで過ごしました。

翌日も症状が変わらなかったため、近くの神経内科にかかりました。

もともと貧血と偏頭痛もあったので、原因はそっちだと思っていました。

受診‐検査①頭部CT

担当医に昨日のひどいめまいと、現状の浮遊感、持病として貧血などを伝えました。
症状が改善しているか聞かれましたが、浮遊感は変わらずなので検査することに。

まずは頭部CTを撮りました。

妊娠しているか聞かれ、検査室で下着などを外し、検査着に着替えます。

CTの機械に横になって数分じっとしているとすぐに終わりました。

めまいに似た症状としての脳梗塞などを調べているそうです。
また着替えを済ませて、次の部屋へ。

検査②バランス検査

Wii Fitみたい機械の上に立ちます。

まっすぐ前を向いて1分立っているように言われます。
この状態でもふらふらしている感覚があります。

次に目を閉じて1分立ちます。
先ほどよりもかなり揺れているのが体感でわかります。

これを2回ほど繰り返しました。

耳鼻科性の揺れなのか、脳性の揺れなのかがわかるそうです。
(すごい!)
私は脳性の揺れであると後ほど診断をいただきました。

検査③立ったり寝たり

なんて表現していいかわからなくて、すみません。
5分ほど横になり、起きてまっすぐ立つを3回ほど繰り返しました。

これによって何がわかったのか、説明はありませんでした。
この検査が時間がかかりました。
看護師さんもタイマーで時間になるまで待っててくれていました。
横になっている間は、目を閉じていてもいいとのこと。

診断

だいたい3つの検査を待ち時間なども含めて2時間くらい費やしました。
想像よりも時間もかかって、お金も心配でした。

担当医からの診断結果としては、「一過性のめまい」とのこと。

繰り返すようならメニエール病の可能性も出てくるが、現状脳梗塞なども見られないので、様子見で大丈夫とのこと。

めまいは、生活習慣も関係してくるので、ストレスや睡眠サイクルなど自分で生活を改善していくことも大切だと言われました。

また、メニエール病というものは、他の病気ではないと検査済で、繰り返すめまいのことを総称してメニエール病と定義しているので、1回の検査や受診では診断されないとのことでした。

めまい止めという薬を処方されて、本日は終了。

病院代は10,000円以内だったと思います。

お薬が意外と高くて3000円くらいだったかな、と記憶しています。

まとめ

めまいではじめて受診するときは、検査に時間がかかるものが多いです。

CTが最新でない場合は当日に結果がでないこともあるそうです。
もしも結果を急ぐようなら、病院に電話確認してから受診をお勧めします。

また、めまいは生活習慣だけではなく、軽度の脳梗塞である場合もあります。

ネット上には様々な憶測が飛び交っていますが、
信頼できるお医者様を見つけ、
相談しに行くことが大切だと今回受診して思いました。

Googleで検索すると病院のレビューなども載っていますし、
先生と合わないと感じれば、また別の病院に行ってもいいんです。

脳梗塞などを放置してしまうと、いろいろな障害が出ることもあるそうです。
また、メニエール病と診断するには何度も診察が必要です。
悪化してから何度も通うのはとても大変と聞きます。

めまいにお悩みの方は、安易に自己診断せず、
まずはお近くの病院へ行ってみてくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧