転職で1番重要なのは面接準備

転職

書類選考にやっと通って、面接が決まったけれど、緊張するから行きたくないなぁ。

面接は人事担当と実際に対話できる大切な機会です!
会社の社風や人事担当の人柄などをあなたの感覚でチェックできる大切な機会です。
会社からどんな質問をされるかによって地雷企業を見分けることもできることもあります。

面接はとても緊張しますよね。
企業側もどんな人とこれから仕事をしていくのかを見極めるためにとても慎重になっています。
お互いが顔を合わせて、仕事をしていくために協力していけるのかをみている面接は、大切な場と言えます。
有効活用できるように準備をしていきましょう。

人材採用をする企業は面接を重視

近年、求人数は少しずつ増えており、就職市場は売り手側が有利になっているようです。
就職する側にとっては様々な企業に思い切ってチャレンジできるだけでなく、職業選択の幅が広がりとてもいい傾向といえます。
ですが、メリットばかりではなく、注意しなければならないことも存在しています。

採用面接の意味を取り違えない

人材を獲得することが困難になっていることから、簡単に採用を決める企業も多くなっているためです。
長く働くことを期待している訳でもなく、とにかく人が足りない。
面接も簡易的になりがちで、いつも求人している状態になってしまいます。
人が定着していない会社は、ブラック企業である可能性が高いでしょう。

採用が決まったという人も、自分が価値ある人間だから採用されるのだという誤った価値を持つような人もいます。
お祈りメールで採用までに苦労した人ほど陥りやすい勘違いです。
仕事をはじめてしばらくしてから、適正面に問題があることに気づく人もいます。
自分に合っていない仕事を続けることはとても大変です。
簡単に採用となることは、転職活動としては楽ですが、その後働くうえで苦労が絶えない可能性があります。

どんな採用面接をしている会社がいいのか?

必要な人材だと見込まれての採用なのかを確認するために、企業の採用試験には、大抵は最後の当たりで面接を行っています。
個別面接やグループ面接のほか、役員面接など様々なパターンがありますが、理想はある程度の責任のある人が個別で面接してくれるケースです。
大抵の場合は、事前に提出している履歴書や、職務経歴書を見ながら話を進めます。
とはいえ、履歴書に書いてあることをなぞるだけの質問であれば、警戒する必要があるでしょう。
面接で話す内容が、履歴書を読めばわかる程度のことであれば、企業側が本気で有力な人材を探しているかは怪しいものです。
もしも、面接でいい人を見つけ出したいと会社が思っているならば、履歴書を確認するだけの面接をする必要はありません。
企業サイドが、真に会社にとって有益な人材を見つけ出したいと思っているならば、形ばかりの面接に終始するといったことは起こりえないでしょう。

まとめ

面接は双方にとって貴重な場です。
個人の良い所をアピールし、企業の実際の条件などの提示があったりと、実際に勤務するにあたってのイメージをお互いに持てるかどうかのすり合わせです。
定型的な面接しかしない企業は、応募者をしっかり見て採用しているわけではないので、入社後に「こんなはずじゃなかった」と感じることもあるでしょう。
面接対策の難しい企業ほど、人をしっかりと評価してくれる場合が多いです。
採用面接に臨むときは、しっかりと準備をして自分をアピールしていけるようにすることが大切です。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧